・FX取引と納税

FXの投資取引により収益があった場合には、その金額に対して確定申告を行い納税をしなくてはいけません。
特に近年では、FXやバイナリーオプションなど、副業的に簡単に行える金融商品が増えてきたために、こうした納税に関するルールに対しても認識が甘くなっているという傾向がうかがえます。

しかしながら、こうした投資取引で挙げられた収益に対しても、納税を行わなくてはなりませんのでしっかりと認識をしておく必要があります。

ついうっかり、というケースもあるようですが、これも税金の滞納になりますので、意図的であっても、そうでなくても、税務署の調査が入ったり、場合によっては追徴課税により膨大なお金を支払わなくてならないケースに陥ることもありますので、しっかりと確定申告をし、納税をする必要があるのです。

投資取引には様々な種類のものがあり、中には源泉徴収を行ってくれる特定口座というものを選んでおけば、利益を受け取る際にそこからすでに税金が天引きしてくれるという、めんどうの掛からないものもあります。

こうしたものの場合では、もちろん確定申告の必要はないのですが、一年の取引きでのトータルの収益からの課税ではなく、毎回の利益から直接に税金が取られているために、損益合算が行えないために、やや不利であると言えるでしょう。

FX取引きでは、源泉徴収の仕組みはありませんので、自らの収益を計算し確定申告を行う必要があります。

やや面倒ではありますが、確定申告を行う事で様々な節税が行えたり、また、特別な孝女を受けることができますので、必ず確定申告を行っておくことをお勧めします。

FXでの収益に対する納税は、分離課税というカテゴリーの中の申告分離課税、さらにその中の雑所得として扱われるために、必ず確定申告をする必要があります。

課税の対象となるのは、毎年の1月1日から12月31日までに行われた取引での収益で、これを計算し、翌年の2月15日から3月15日ごろの間に確定申告を行います。
この確定申告を税務署に行う事により、FXでは約20%になりますが、それぞれの収益に対する納税の金額が決まります。

確定申告で計算される収益の金額によっては、課税の対象にならず税金を納めなくてよい場合もあります。
FX取引以外の本業の集積で、そこから給与を受けていて、その年収が2千万円以下であり、FXでの収益が20万円以下の場合と、給与などの収入がなく、投資での収益が38万円以下の場合には、税金を納める必要がない場合があります。

この確定申告では、FX取引をするときに使ったり買ったりした用具や書籍、セミナー代などの必要経費を計上することができるため、これを利用すれば収益から経費分を差し引くことができます。

また、FX以外の投資取引を行っている場合は、その収益を合算することができる損益通算を適用することができますので、これによっても収益の金額を見直すことが可能です。

この他には、3年間繰越控除という制度もあり、マイナスの収益であってもこれを確定申告しておくことによって適用され、それ以降の3年間の間、このマイナスの収益がプラスの収益で相殺されるまで、税金の納税が控除されるのです。

このように、FX取引で挙げた収益は、確定申告でしっかりと申請しておくことにより、収益が正しく見直されるため、支払う税金の額を下げる減税につながり、また、納税そのものが控除されることもありますので、くれぐれも確認をしておくのがよいでしょう。

ディレクトリー