為替相場が大きく変動の要素

sdf7ss為替相場はある要素によって、大きく変動することがあります。この変動の要素を知っておくことができれば、取引する際に有利になることは間違いありません。そこで、為替相場が大きく変動する要素についていくつか紹介します。

中央銀行の政策金利

中央銀行は日本だけでなく他の国にも存在します。そして、中央銀行には政策金利、つまり公定歩合を決定して毎月発表しなければならないというルールがあります。

この発表される時期は事前に決まっているもので、多くの投資家が注目しています。したがって、政策金利が発表されると為替相場が変動する可能性が高まります。特に、発表された政策金利と市場による予想との違いによって、その変動の大きさは変わってくるでしょう。

主要な経済指標

経済指標はさまざまなものがあり、主要なものだけでもかなり多くの指標があります。基本的にこのような重要な指標については、発表される時間が定められていますので、この時間についても変動することが容易に予想できます。

やはり、市場による予想との違いが変動に大きな影響を与えることになりますので、その動向については注視する必要があるでしょう。各国のGDPや雇用統計などが主要な経済指標に当たります。

参照: 信託保全.com

政治的動向

影響力のある政治家のコメントは、為替相場を変動させる要因となります。もし、定刻に行われる会見などでの発言なら予想することは可能ですが、政治家のコメントは予期しないタイミングでも発せられる場合もあります。この場合も相場は急な動きを見せますので、常にアンテナを張り巡らせることが必要です。

中央銀行の動向

中央銀行の動向の一つに為替介入があります。この為替介入は、いくつかの国で行われる可能性があるもので、日本でも行われたことがあります。日本の場合は、極度の円高を懸念して行われたものでした。このような為替介入は、かなり大きな相場の変動をもたらしますので、すぐに対処することが肝心です。

戦争や紛争

戦争や紛争も大きな影響となります。特に、どのような国や地域で起こっているかによって、その影響度が変わってきます。例えば、原油の産地などが関わっていると、供給量が著しく低下しますので、相場に大きな影響を与えることになります。急な変動で損失を広げないように、大きく相場が変動するこれらの理由をよく把握しておき、すぐに対処できるようにしておくと良いでしょう。

ディレクトリー